戸建てを見にいった

古家が多いと聞いてましたがかなり多かったです。

先月、見てきたのですが、見てきた物件の道路添いには、2件ほどの空き家があったんです。

いろいろ古い物件があるものだと、外見だけ見てきましたが、老化が進んでいて住みたくない感じの家です。日常からメンテナンスしてなかったんだなと感じました。

戸建ては自分でお金をかけないと、どんどんボロボロになっていくようですね。築年数も古いからかもしれないけど、ちょっと家がかわいそうに思えました。

人は忙しいからと自分たちだけ楽しくやって、高いお金で買った家は、継続的に面倒をみてもらえなかった。犬や車にはお金かける人が多いのに、すっかり家にはお金をかけない。

お金をかけなくても手間を少しかければ全然違うんですけどね。大切にされなかった戸建ては安くなっても仕方ないと思います。

もし、こんな戸建てを売りたいと思う方は、高くは売れることが絶対ないと思った方がいいかと思います。また、急いで直したい、修繕したいと思ってもボロボロになってからでは費用がとてもかかります。

お金はどんどん出ていきますので、日常からメンテナンス計画をたてないと戸建てやアパートなどの建物は傷んでしまいお金もかかります。

戸建てとローン

古い物件を購入したい場合は、ローンが下りないこともあります。

案外、気が付かない点なのですが、がけ条例などで違法建築と判断される場合や、接道状態が良くない場合などが考えられます。

なので、購入前によくチェックして、ローン審査すると、その物件価値が見ててきます。

自分で買える金額だからといって、安易に買うのもどうかと思いますので、いろいろ考えてから戸建てというものは買ってはと思います。